バクマンを映画で見たい理由は、神木隆之介くん!

NHKで放送されていたのがきっかけで知った漫画、「バクマン」。
ざっくり言うと、漫画家の話。
漫画ができるまでなんてよく知らないけど、こういう世界なのかなあって知れるような話の気がする。
けっこう厳しいストーリー展開だなって思うし。
漫画家デビューなんてそう簡単にはできないし、続けていくのだって並大抵の努力じゃない。
なんて思いながら、見れるときだけ見ていました。
いつの間にか終わっていた(笑)。

バクマン。

そのバクマンが映画化されることを知ったのは、映画を見に行ったときの予告編でのことでした。
あー、これちょっと見たいかも!って思ったのを覚えています。
でも、次はこれがいいとは言いにくい(苦笑)。

なぜ映画で見たいと思ったかというと、神木隆之介くんが出演しているから!
主人公のサイコー役は、佐藤健くん。
神木くんは、シュージン。
なんとなく、似合いそうって思ってしまいました。
あのアニメの感じに似合うなあって思いました。

原作では、恋愛的なものも含まれるんだけど、映画ではどうだろうね。
でも、サイコーのエピソードには必要かな。
声優を目指しているあずきちゃんと、お互いに成功するまで会わないとかなんとかというエピソード。

CGとかプロジェクションマッピングも使っているみたいなので、ちょっと興味あるなあ。
結局は見に行かない気がするけど、今みたい映画の3本の指に入る気がする。