「バケモノの子」かなり好みのストーリーでした!

「バケモノの子」どうやら人気作品らしい。
私は、金曜ロードショーで細田監督作品を見て興味を持ったの。

バケモノの子

私が見に行ったのが、完全に夏休み中。
アニメだし子供に人気ありそうだし混んでるんだろうな~と思って、いざ映画館へ!
案の定、映画館に入った瞬間に出てしまいたくなる混雑っぷり。
日程は考えるべきだ(笑)。
とりあえず、希望通りの回を見ることができたので良かったけど。

内容はというと、かなり好みのストーリーでした。
九太と熊徹のやりとりが面白すぎる。
九太の負けず嫌いっぽいところとか、気が強いところとか、物怖じしないところとか、けっこう好き。
熊徹の教え方はすごく雑なんだけど、最終的にはいいこと言うなあって思った。
技術もそうなんだけど、信念みたいなものを教えるって難しいんだろうなあなんて思いました。
あと、背中を見て育つっていうのは絶対にある!
子供とか後輩とか、自分の姿を自信を持って見せられるようになりたい。

バケモノの子でストーリー以外にも注目していることがありました。
宮崎あおいちゃんが声優をやってること!
よく、女優さんが声優もやって、イマイチだなあってことがあるけど、この方は上手だと思うんだよね。
今回は男の子役だからどうなのかなって思ったけど、違和感なくでした。
私が宮崎あおいちゃんのファンだから、色眼鏡でみてるのかもだけど。
青年期の九太役は、染谷翔太さん。
声の変化も特に違和感なくでした。

最後の方で、「ん?」って思った部分もあったけど、総合的には面白かった!